快適生活を演出するエネガーデンの仕組み

エネガーデンなら「自立運転機能」を標準装備。太陽電池モジュールで発電をしていれば、パワーコンディショナ本体の 専用コンセントAC100Vを最大1500Wまで使うことができます。停電など、いざというときも安心です。

エネガーデンの仕組み

電気のできる仕組み
太陽の光が太陽電池モジュールに当たるとプラスとマイナスの電荷が発生します。
太陽電池モジュールにはプラスが集まるP型半導体とマイナスが集まるN型半導体があり、発生した電荷がそれぞれの半導体に集まるとプラスとマイナスの間に電圧が発生し、電気を作るという仕組みとなっています。


なぜ今、太陽光なの?

太陽光は、環境性と経済性を両立した
もっとも身近なエネルギーだからです。

太陽光発電は、地球温暖化の原因とされているCO2の排出量が少ない新エネルギーとして世界的に注目を集めています。
家庭でも電気を作ることができるため、光熱費の削減につながるだけでなく、余剰電気を電力会社に売ったり、自立運転することもできます。

なぜ今、太陽光なの?

売電とはどんな制度?

余った電気を電力会社に売ることです。

太陽光発電システムで作られる電力は、太陽が出ている日中に多く作られます。家庭で消費する電力以外の余剰分を電力会社に売ることを「売電(ばいでん)」と呼びます。
※余剰電力は、過程で使用する電力量によって異なります。

売電

補助金はでるの?

国と自治体から設置に関する補助金がでます。

①国、②都道府県、③市区町村から3つの補助金があります。
国・自治体とも補助金制度は併用できる場合が多いので、よりお求めやすい価格で太陽光発電システムを導入できるようになりました。
※補助金制度は各自治体によって異なります。各自治体もしくは販売代理店にお問い合わせください。

補助金

初期投資は回収できる?

初期投資の回収期間は短くなっています。

太陽光発電システム導入に対する補助金と各電力会社に義務づけられている売電制度があるので、 今までになく初期投資の回収期間は短くなっています。経済産業省の試算においては、設置後10年での 回収が可能な試算となっています。
※新築の場合、詳細は経済産業省のWEBサイト(http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/)をご参照ください。

初期投資は回収できる

初期投資は回収できる?

期待寿命はモジュールは約20年以上、パワーコンディショナは約10年以上です。
エネガーデンは、10年の保証付きです。

システムの寿命は①出力の低下、②絶縁性能の低下、③雨漏りなど建材機能を損なうなどが考えられます。
※社団法人JPEA太陽光発電協会WEBサイトより


ページTOP